【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法
【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法 > 民事再生について > 民事再生のブラックリストが消えるのはいつ?

民事再生のブラックリストが消えるのはいつ?

民事再生を行うと信用情報機関に事故情報が記録されます。

これが俗に言う『ブラックリスト』です。

民事再生をする事で借金を大きく軽減する事ができる代償にブラックリストになる訳です。

ブラックリストになる事で金融会社からお金を一切借りる事ができなくなります。

しかし、ずっと信用情報機関に事故情報が残る訳ではありません。

借金をしっかり返済し、時間が経てば事故情報は消えます。

民事再生の場合は民事再生が裁判所に認められてから約5年が経過すればブラックリストから名前を消す事ができます。

ただしこの5年間に延滞や滞納があるとブラックリストの期間も長くなってしまいます。

民事再生の場合、民事再生をしたからといって借金はすべてなくなるわけではありません。

債務整理後も残りの借金を払っていかなくてはなりません。

途中で返済が止まってしまったりするとその情報もしっかり信用情報機関に記録されますのでブラックリストから名前が消えなくなります。

残った借金の返済中に借金を返済できなくなる方も多く、民事再生後の借金返済はしっかり計画性を持って返済していかなくてはなりません。

また、民事再生には弁護士に支払わなければいけない費用もあるのでその事も頭に入れておかないといけません。

弁護士のアドバイスに従って返済計画を立てる

返済計画などについても弁護士がアドバイスをくれるのでそのアドバイス通りに返済をしていけば民事再生をしてから5年間でブラックリストから名前を消す事ができます。

ブラックリストが消えたからと言って同じ金融会社からお金をまた借りる事はほぼ不可能です。

金融会社ではトラブルがあった場合その人の情報は永久的に残りますので債務整理をした金融会社からは二度と借り入れができないという事も頭に入れておきましょう。

他の金融機関からは借り入れはできますが同じ過ちを侵さないためにも借金はせず、自分でお金を貯める事を心がけましょう。

民事再生をする際には上記でご紹介してきたような事も把握してから行うようにしましょう。

弁護士が借金問題を解決してくれるんです!

借金問題の心強い味方になってくれるのが弁護士になります。

借金問題に関する専門的な知識を持っている弁護士さんがあなたの借金問題を解決してくれますよ。

債権者との交渉、書類作成や手続きなども全て弁護士が代行してくれるので安心して借金問題を解決する事ができます。

借金地獄から抜け出すためにも弁護士に一度、相談してみる事をおすすめします。

街角法律相談所