【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法

債務整理 デメリット

借金を整理する事ができる債務整理。

債務整理のメリットは借金を整理できる、軽減できる、帳消しにできる、というメリットがあります。

しかし、借金をなくす事ができる代わりにリスクも多くあります。

ここでは債務整理のデメリットをご紹介しています。

債務整理を行う際、このデメリットについてもしっかり把握した上で債務整理を行うようにしましょう。

信用情報(ブラックリスト)への登録

任意整理・民事再生・自己破産を行った場合、信用情報機関に事故情報が登録されます。

これはブラックリストと呼ばれるものになり、一定期間借入が制限される事になります。

任意整理では約5年間。民事再生・自己破産では約7年~10年。どこからもお金を借りる事ができなくなります。

官報公告

民事再生・自己破産を申し立てると官報公告というものがなされます。

官報公告とは国の広報誌になり、官報から一般に知らせる事を官報公告と言います。

官報公告は一般の方が見る事は少ないですが、申立人の氏名や住所が掲載される事になります。

一部の職業に就職できなくなる

任意整理や民事再生ではありませんが、自己破産をした場合は保険の外交員や警備会社など就職する事ができない職種がでてきてしまうデメリットがあります。

これらの職種の仕事に就職できない期間は破産開始決定から免責決定するまでの期間になります。

保証人への影響

借金に保証人が付いている場合、債務整理をすると保証人にも影響がでてきます。

自己破産や民事再生を行った申立人の債務が免責になっても保証人の債務は残るために、債権者は保証人に返済の請求を行います。

つまり借金返済の義務を保証人が負う事になります。

債務整理をする際に保証人が付いている場合は、保証人の方と一緒に債務整理をする事も必要になります。

この時、保証人も信用情報機関に事故情報が登録されます。

勘違いされている事

よく債務整理をすると戸籍に載る、年金の受給額がなくなる、会社をクビになる、という話を聞きますが、そのようなデメリットはありません。

債務整理をするデメリットは上記でご紹介してきた事が主です。

債務整理に関するより詳しいデメリットを知りたいと言う方は一度、弁護士に相談をしてみるといいです。

⇒弁護士に無料相談で相談できる『街角法律相談所』はこちら!

弁護士は借金問題を解決するプロになるので債務整理に関する知識をしっかり持っています。

また、あなたの借金問題を良い方向へと導いてくれます。

弁護士が借金問題を解決してくれるんです!

借金問題の心強い味方になってくれるのが弁護士になります。

借金問題に関する専門的な知識を持っている弁護士さんがあなたの借金問題を解決してくれますよ。

債権者との交渉、書類作成や手続きなども全て弁護士が代行してくれるので安心して借金問題を解決する事ができます。

借金地獄から抜け出すためにも弁護士に一度、相談してみる事をおすすめします。

街角法律相談所