【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法

任意整理後に借り入れは可能か?

任意整理をして借金を整理した後にも急にお金が必要になって借り入れをしたいという時もあると思います。

任意整理を行うと信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)が登録される事になるので、新規で借り入れををする事は難しいと言えます。

しかし、この信用情報機関に事故情報が登録されている期間は約5年間になるようです。

この5年間を過ぎると新規で借り入れが可能になります。

人によっては5年以内の時もありますし、5年以上かかってしまう場合もあり、人によって様々になるようですが多くが最低でも5年間は借り入れができない状況になると聞きます、

ただ、ここで把握していてほしい事は任意整理を行った金融会社からは二度とお金を借りる事はできません。

その金融会社からは一度、信用を失っているので再度、借り入れを希望しても審査は通らないと思った方がいいです。

これは5年間以上経過しても同じことです。当然だと言えば当然の事です。

信用情報機関と違いその金融会社には事故情報の記録はずっと残る事になるので完済できないで債務整理を行った金融会社は二度と利用できない事は把握しときましょう。

同じ過ちを繰り返さないためにも

任意整理をする事で約5年間借り入れができなくなることは任意整理のデメリットになるのですが、この事をデメリットだと思わないでメリットだと考えるようにしましょう。

この5年間はお金を借りる事ができない状態で借金をする事ができない期間になります。

この間は抱えている借金を返済するチャンスでもあります。

ブラックリストに登録されている時に違法の金融会社やサラ金からお金を借りる事もできますが、ここで再度お金を借りてしまうと任意整理をした意味はなくなってしまいます。

任意整理を行った方の多くが日々の借金生活から抜け出したい、借金地獄から抜け出したいと思われている方になります。

同じ過ちを繰り返さないためにも任意整理後の約5年間は借金を返す事に集中してお金は借りないようにしましょう。

弁護士が借金問題を解決してくれるんです!

借金問題の心強い味方になってくれるのが弁護士になります。

借金問題に関する専門的な知識を持っている弁護士さんがあなたの借金問題を解決してくれますよ。

債権者との交渉、書類作成や手続きなども全て弁護士が代行してくれるので安心して借金問題を解決する事ができます。

借金地獄から抜け出すためにも弁護士に一度、相談してみる事をおすすめします。

街角法律相談所

⇒街角法律相談所 口コミ・評判