【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法

任意整理のメリット・デメリット

借金問題で悩んでいる方、借金地獄で苦しんでいる方、多くいます。

弁護士に債務整理の依頼をして借金地獄から抜け出している方も毎年多くいると言います。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3種類があり、その中でリスクが最も少ないと言われているが任意整理になります。

債務整理をする際、多くの方がリスクの少ない任意整理を選択して借金を整理して借金問題を解決しています。

この任意整理を行う際、任意整理のメリット・デメリットもしっかり把握しましょう。

ここでは任意整理のメリット・デメリットをご紹介しています。

任意整理のメリット

まず、任意整理のメリットから見ていきましょう。

任意整理のメリットはなんといっても裁判所を通さないで借金問題を解決できるという事です。

裁判所を通さないので官報への記載もなく、そして面倒な手続きもなく時間も短い時間で借金を解決する事ができます。

個人再生や自己破産の場合は裁判所に申し立てを行わなければいけなく、官報にあなたの情報も記載されますし、面倒な手続きもあり時間も多くかかってしまいます。

このことが個人再生や自己破産にはない任意整理の大きなメリット・魅力になります。

任意整理は弁護士が債権者と直接交渉を行い、返済の見直し、利息のカットをする事ができ、毎月の返済額を軽減する事ができます。

債権者との交渉、手続きは全て弁護士に任せることができるので安心して任意整理を行う事ができます。

また、任意整理を弁護士に依頼した時点で債権者からの借金の取立て・催促はストップします。

毎月の返済に頭を悩ませている方にとって取立て・催促をストップさせる事ができる事もメリットになります。

任意整理をする際、弁護士が過払い金が発生しているかという事も調査してくれるので長い期間借金を返済している方は大きく借金を減らせる可能性もあります。

特定の債権者に絞って任意整理をする事もできますので金利が高い消費者金融やサラ金からの借金だけを整理して月々の返済額を軽減する事ができます。

任意整理のデメリット

リスクが少ないと言われている任意整理ですが、デメリットもあります。

任意整理の一番のデメリットは個人信用情報記録が残ってしまうということです。

ようするにブラックリストに載ってしまうということです。

任意整理をしてから約5年間はこの記録が残るといいます。

この5年間は新規の借り入れが難しくなり審査に通りことができなくなります。

しかし、このデメリットはメリットに置き換えることもできます。

ブラックリストに載る事で借金ができなくなるという事は借金を増やさないで済むとうことです。

借金をする事が癖になっている方にとっては良いお薬になるのではないでしょうか。

弁護士が借金問題を解決してくれるんです!

借金問題の心強い味方になってくれるのが弁護士になります。

借金問題に関する専門的な知識を持っている弁護士さんがあなたの借金問題を解決してくれますよ。

債権者との交渉、書類作成や手続きなども全て弁護士が代行してくれるので安心して借金問題を解決する事ができます。

借金地獄から抜け出すためにも弁護士に一度、相談してみる事をおすすめします。

街角法律相談所

⇒街角法律相談所 口コミ・評判