【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法

任意整理でブラックリストになる?

現在、借金地獄で苦しんでいる方、借金生活で悩んでいる方で任意整理を行う事をお考えの方は任意整理をする事でどうなるのかをしっかり把握する事が大切になります。

任意整理をする事でどのようなリスクがあるのか、そしてそのリスクを背負うことでどのような事になるのかをしっかり把握してから任意整理を行う事が大切になります。

任意整理は債務整理の中でもリスクが少ないと言われていますが、借金を整理する事ができる訳ですからそれなりのリスクも背負う事になります。

任意整理を行い借金を整理すると信用情報機関に事故情報として記録が登録されます。

カードやローンの返済が一定期間滞ったり、借金を払いきれずに任意整理、個人再生、自己破産をした場合、その情報が信用情報機関にしっかり登録されます。

この事故情報が登録されるとその人は『ブラックリストに載る』という表現がされます。

本来は金融業界ではブラックリストという言葉は存在しないのですが、事故情報が登録されている状況をブラックリストと呼ばれることが多いです。

ブラックリストになる事で約5年間、信用情報機関にその記録は残り、新規の借り入れができなくなります。

金融会社に審査を通しても審査に通ることは難しいでしょう。

任意整理を行う際にはこうしたリスクも承知しなければいけません。

ブラックリストになる事をメリットにする

このリスクは本人の考えようによってメリットにする事ができます。

約5年間、借り入れができなくなるのでその間は現在、抱えている借金を返す返すことに専念しましょう。

借り入れができないので借金が増えることはありません。

そして、信用情報機関に記録されている事故情報は約5年間になります。

約5年間経過すると記録はなくなり、信用を回復する事ができ、新たに金融会社から新規で借り入れができるようになります。

この任意整理をしてからの5年間を辛抱し、借金を完済する事でもう一度、人生をやり直すことができます。

借金で人生を狂わしてしまった方はもう一度人生をやり直すことができるチャンスでもあります。

こう考えると任意整理のリスクをメリットに変えることができます。

弁護士が借金問題を解決してくれるんです!

借金問題の心強い味方になってくれるのが弁護士になります。

借金問題に関する専門的な知識を持っている弁護士さんがあなたの借金問題を解決してくれますよ。

債権者との交渉、書類作成や手続きなども全て弁護士が代行してくれるので安心して借金問題を解決する事ができます。

借金地獄から抜け出すためにも弁護士に一度、相談してみる事をおすすめします。

街角法律相談所

⇒街角法律相談所 口コミ・評判