【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法

任意整理が今後に与える影響

任意整理をして借金を整理する際、今後の生活にはどのような影響を及ぼすのでしょうか?

任意整理を行う際に良く家族に迷惑がかかる、結婚に支障が出る、などの不安があり、任意整理に一歩踏み出せないという方も多いと聞きます。

任意整理をする事で家族や周りの人に悪影響を及ぼす事はないと言っていいでしょう。

任意整理が今後に与える影響としては自分のクレジットカードやローンの審査が通りにくくなるという事です。

任意整理を行うと借金を完済できなかったという事で信用情報機関に事故情報が記録されます。

この事故情報が記録されていると新規の借り入れやクレジットカードを新しく作る事は難しくなります。

しかし、これはずっとではなく任意整理を行ってから約5年間の期間だけになります。

任意整理をして約5年以上経過すると信用情報機関に記録されている事故情報の記録は消えると言います。

この記録が消えれば新規でまた借り入れをする事が可能になります。

任意整理をする事で影響が出てくる事は上記のようなことだけになります。

個人再生や自己破産など他の債務整理だと裁判所に申し立てを行う事になり、官報にも記載される事になりますが任意整理の場合は裁判所を通さない債務整理になるので官報に記載される事もないので、自分が任意整理を行った事で家族も一緒にブラックリストになるのかというとそうではないので家族や周りの人に迷惑がかかる事はありません。

結婚相手には隠さずに正直に話す

結婚相手に迷惑がかかるのかを不安に思っている方も多いと聞きますが、男性の場合は確かに任意整理をしてから約5年間はローンを組む事が難しくなるので結婚相手に迷惑がかかってしまう事も考えられます。

車や住宅ローンの審査は通らない事が多くなってしまいます。

女性の場合ですと結婚をする事で名義を変える事ができるので、結婚相手に迷惑をかける事はほとんどないと言っていいでしょう。

ただ、負債している借金をどう返していくのか?が問題になる場合もあります。

いずれも結婚相手には隠さずに正直に任意整理をした事を話すべきでしょう。

家族に内緒で任意整理をする事は可能ですがこれから生活を共にしていくわけですから隠し事をする事はおすすめできません。

借金がある事で家庭が崩壊した、離婚したという話も聞く事があるので、結婚相手には事前に話して今後どうしていくかをしっかり話し合うべきだと思います。

弁護士が借金問題を解決してくれるんです!

借金問題の心強い味方になってくれるのが弁護士になります。

借金問題に関する専門的な知識を持っている弁護士さんがあなたの借金問題を解決してくれますよ。

債権者との交渉、書類作成や手続きなども全て弁護士が代行してくれるので安心して借金問題を解決する事ができます。

借金地獄から抜け出すためにも弁護士に一度、相談してみる事をおすすめします。

街角法律相談所

⇒街角法律相談所 口コミ・評判