【借金生活から脱出!】借金地獄の悩みを解決する方法

キャバクラにお金を貢いで借金地獄

私の人生が変わったのは会社の転勤で繁華街の近くで働くようになってからです。
飲み屋がたくさんあるという事で毎日の残業や人間関係から生じるストレスを発散するために頻繁に飲みに行くようになりました。
転勤をするまでは田舎に住んでいたのでお酒を飲むといっても家で飲むくらいでした。

始めのうちは平日はさすがに次の日の仕事に影響するのでおとなしく帰宅していましたが、週末は毎週飲みに行っていましたね。
飲みに行くといっても居酒屋ではなく、キャバクラに毎週飲みに行っていました。

仕事終わりに軽くご飯を食べて、キャバクラに直行していました。
その繁華街にはたくさんのキャバクラがあり、色々なキャバクラを転々として利用していました。
特に女の子を指名するわけでもなく、時間も延長などせず1セットで終了。
安いお店では3000円ちょっとで十分楽しむ事ができていました。

このようにキャバクラで女の子とお酒を飲んでストレスを発散していた訳ですが、キャバクラに通い詰めているうち好きな女の子ができてしまいました。

キャバクラの女の子に恋をしてしまった結果。

今考えるとキャバクラの女の子に恋をするなんて不覚でした。

その女の子に本当にハマってしまい、毎回指名をするようになり、利用時間も約2時間が当たり前になってきました。
そのうち同伴やアフターとかにも行くようになりました。
もちろんお金はすべてこちら持ちです。

1回キャバクラに行くだけで3万円~5万円使っていましたね。
支払いはすべてクレジットカードのリボ払いで。

そして、お金がかかっていたのは飲み代だけではありませんでした。
洋服にもお金をかけるようになっていました。

女の子とデートする度に新しい服を購入していましたね。

そんな事を半年近くやっており、借金はどんどん増えていく一方でした。
カード3枚があっという間に限度額いっぱいになり、とうとうキャバクラに行けない時がやってきました。

『お金の切れ目は縁の切れ目』

お店に行けなくなった事で女の子にも全然相手にしてもらえなくなりましたね。
まさに『お金の切れ目は縁の切れ目』っていうやつです。

私に残ったのは複数の金融会社の借金だけでした。金額にすると200万円くらいありました。

月々の支払いだけで10万近くです。

本当にその時は『やってしまったな』という感じです。
給料もそこまで多くもらっていなかったので1か月の支払いが10万円なのは相当痛いです。
痛いというかほぼ無理です。いくら生活費を削っても無理でした。
支払いができない月もあり、催促の電話が毎日かかってきていましたね。

弁護士に相談をして任意整理を行う

これはなんとかしなければとんでもないことになると思い、弁護士に無料相談を利用して相談をしてみる事にしました。
するとこのままでは現状を打破する事は難しいという話をされ、借金地獄から抜け出すためにも債務整理をする事を奨められました。

本当は債務整理だけはしたくなかったんです。
ブラックリストにも載るし、なにしろ恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

しかし、借金をなんとかしなければ通常の生活に戻る事は無理だと判断し、債務整理をする事を決心しました。
弁護士さんも債務整理の中でも一番リスクの軽い任意整理を奨めてくれて、とりあえず借金を整理する事ができました。
任意整理ですので借金は減りませんでしたが月々の支払いを見直す事ができたので毎月返済する事ができています。

まだ完済した訳ではありませんが、通常の生活を取り戻す事ができた上に少しずつ確実に借金は減っていっています。

もう二度と借金地獄には陥りたくないので最近ではまったく飲みに行っていません。
もう完全にトラウマです。
今はできるだけ節約をして、その分のお金を借金返済に回すようにしています。

⇒街角法律相談所 口コミ・評判

弁護士が借金問題を解決してくれるんです!

借金問題の心強い味方になってくれるのが弁護士になります。

借金問題に関する専門的な知識を持っている弁護士さんがあなたの借金問題を解決してくれますよ。

債権者との交渉、書類作成や手続きなども全て弁護士が代行してくれるので安心して借金問題を解決する事ができます。

借金地獄から抜け出すためにも弁護士に一度、相談してみる事をおすすめします。

街角法律相談所